スズラン(鈴蘭)

ブログとの出会いはスズランの咲く季節、この花が咲くと“私の小径”も一つ歳を重ねます。 おかげさまで今年もこの季節を迎えることができました。 きゅうり草と仲良し!? 2年前まだ我が家に勿忘草のない時、この小さな野草を勿忘草かと思っていました。 そっくりな花を5分の1位に小さくした野草は、揉むと名の通りきゅう…
コメント:8

続きを読むread more

アジュガ(西洋十二単)

肌寒い雨の日にはほっこりとした風景を 山野で咲く十二単にまだ出合った事がありません。 遠くからムスカリと思った花はアジュガ、十二単の園芸種との事。 隣に茂って咲いていたカラスノエンドウ、迷い込んだ一輪の花が蝶のよう 自然からいつも沢山の…
コメント:6

続きを読むread more

牡丹

時には季節の華やかな花を。 淡い小さな野草から離れて、久しぶりに出かけた植物園の牡丹の花。 ファインダーに収まらないほど華やかな花の前に立つと、なんだか‥あがって‥ 『立てば芍薬座れば牡丹 歩く姿は百合の花』誰もがそんな時もあ…
コメント:4

続きを読むread more

花梨の花

淡い色も花の姿もリンゴに似ています。 違いは産毛のような毛で覆われている葉、 まるでウールのような柔らかな感触!! 黄色くて硬い大きな実とが結びつきにくい花でした。
コメント:2

続きを読むread more

巧みの技?

キツツキの開けた穴を発見! 近づいてみると穴は目の高さ、これだけの穴を開けるのにはどれくらいの時間がかかるのでしょう。 こんな低い所で大丈夫なのかしら‥ 上にも幾つかつつきかけの穴が!  もしかしてこれも<上でつついて下の虫を捕る>キツツキ戦法? じっくり観察できるめったにないチャンス。 …
コメント:2

続きを読むread more

木漏れ日

緑が目に優しい季節になりました。 木々は赤い苞を脱ぎ、折りたたんでいた葉を広げ陽射しを受けています。 林縁で地を這うように咲く山ツツジが彩を添え、梢の間からは初めて聞く野鳥の優しい歌声 木漏れ日の中を歩くと自然のみなぎる生命力が降り注ぐようです。 …
コメント:4

続きを読むread more

コケリンドウ

朝から青空が見えてよいお天気です。 こんな日はきっとコケリンドウが小さなブルーの花を開いているはず! ありました!! 背丈3cmほどのコケリンドウ、色の薄い蕾の時はとても見つけにくいのですが、 咲くとブルーの花が目立ちます。 小さくても頭花が一斉に開くと華やかなブーケのよう。 …
コメント:7

続きを読むread more

りんごの花

花びらを少しだけ飾る彩りは秋につける美味しい実の色! 桜もりんごも同じバラ科の花ですが 明るく華やかで春の喜びを高めてくれた、待ちに待って観る桜。 こいのぼりが泳ぐ五月の空の下で咲く清楚なりんごの花は‥ 身体の隅々にまで爽やかな風を届けてくれるよ…
コメント:4

続きを読むread more

林床に咲く花

目を凝らさないと踏んでしまいそうな小さな白い花達です! アマナに似ているけれど、花茎の先に幾つも花がつくのは? ワダソウ ヒトリシズカ 連休中の静かな穴場は‥そうだ! 子供が小さい時お昼ご飯をもってよく出かけた場所、と言う…
コメント:6

続きを読むread more

庭に。。 !?

梅雨までのつかの間、花やハーブの香りの中での庭作業は時間が経つのも忘れます。 今年もチューリップが咲きました。 花びらをかじったのは誰? カエルも目覚め虫の動きも活発になってきました。  ん!?庭の景色が‥おかしい!‥掘り返された跡があちこちに! 昨年と同じ光景です、夜半に○○…
コメント:4

続きを読むread more